少年野球 - 長原キッドブラザーズ

BBS

ポータルニュース
2019年10月14日
公式Blog(10/14)vol.1537『関東クライマック・・・
詳しく見る

代表のつぶやき Vol.21

この投稿に返信する
としぞうさん 投稿日時 2011年12月19日 18:00:34
9ヵ月ぶりの投稿となりましたことをお許しください。このページをよくご覧いただいている他チームの読者からは、最近どうなっているんですかとの励ましの言葉もいただいており私も気にはなっていました。

さて、今回の話題ですが、先ずは嬉しいお知らせから・・・・。
昨日18日の河内長野会長杯大会準々決勝において見事勝利し、準決勝進出を果たしました。4回戦の美原グリーンジャガーズさん・5回戦の熊取ジャガーズさん・準々決勝の向陽ドリームスさん、どのチームも実力的にはかなわない相手。でも勝利の女神は我が長原キッドに微笑んでくれました。ありがとうございました。

私どものチームは、どう考えても強いチームでもありませんし、とびきり厳しい指導をしているわけでもありません。でも野球が好きで好きでたまらない。仲間といることがこんなに楽しいと思えるような雰囲気作りには励んできたつもりです。また大会に参加することの大切さも教えてきたつもりです。

今大会の5回戦に勝利し、あと一つ勝てばメダルが確定することがきまった先週の日曜日、チームの監督が「代表!来週の日曜日、12時半から準々決勝がありますが、午前中、ULBBお別れ大会の開会式が南港でありますけど、どないします?」と問いかけがありました。
勿論、答えは一つ「大きな大会の最後の入場行進。ばっちり参加さしたるしかないやろ・・」。前日の土曜日は、野球の練習以上に入場行進の練習を行ないました。チームワークを固める最高の機会だと常々思っていますから・・・。開会式の当日は、前後左右乱れぬ素晴らしい入場行進を行ないました。あと3時間後には、大事な一戦が待っているというのに・・・・・。

長原キッドでは、どんな小さな大会でも参加する喜びを表現出来るよう力一杯の入場行進をするよう指導してきました。今大会の開会式でも父母会メンバーはその勇姿を応援するために全員駆けつけてくれました。このひたむきさを誰が評価するでもなく、勝利の女神が見守ってくれたと確信しています。

野球の強さ・巧さも大事だとは思いますが、弱いチームは弱いなりに何か一つ誇れるものを作ってあげたい。そんな思いを、これからも継続してまいります。

この投稿は、1,000字以内という制約がありますので本日は、ここで一旦終わります。(続編は近日中に)

この投稿に返信する

BBSホームへ